2月28日 配信後記

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

演劇ユニットP-5の1HOUR 

2月28日 配信後記

 

 

2月28日に配信された演劇ユニットP−5の1HOURはいかがだったでしょうか?

 

28日の配信が終わればいよいよ?3月へ突入。

のっけから時間が過ぎるのが早いと渡辺さんはうなだれていました。

理由は…3月に入ると色々行動を起こさないと怒られる。でも1月・2月は始まったばかりだからダラダラしてても怒られない…だそうです。

渡辺の独自の世界観を理解するにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

今回は世界中の人々を感動に包んだオリンピックの話から始まりました。

渡辺さんは割とライブ映像を見たり、ニュースで見たり、そしてYouTubeでも見たりと興奮していた模様。

一方藤原は、結果はネットニュースだけで全くと言っていいほど見てなかった様子。

二人の興奮の温度差は、平昌とハワイの気温差ぐらいひらいてました。

 

そして話の流れで渡辺常日頃は幼少の頃、[スピードスケート]をやっていたことが判明。

だから渡辺さんはyoutubeで見るぐらい冬季オリンピック、特にスケートを応援してたんだそうです。

 

この新事実にこれには藤原もびっくりしてました。

 

続いて二人の【生まれて初めて体験】の話に。

 

藤原は[生まれて初めて東京タワーへ登った]そうです。

感想としては…特に工事中もあったせいか可もなく不可もないそうです。

 

もし藤原がどんな気持ちだったか知りたい方は藤原ブログにて掲載されているので是非ご覧ください。

 

https://ameblo.jp/presenter5/

 

渡辺は[生まれて初めてダンスを習った]そうです。

 

あまりリズム感がないということもあり、それを養う為にと習って来た様子。

そして急遽、配信中にダンスを見せてと藤原に言われ踊ることに。

場所的に皆様にお見せ出来ないので、藤原のリアクションだけでお送りしたのですが…藤原大爆笑!!

 

なので、その模様を録画してTwitterにて掲載することを約束し投稿しております♪

 

渡辺の生まれて初めてのダンス披露は

演劇ユニットP−5のTwitter:p-5worldにて掲載しております。

是非検索して見てあげてください。

※藤原曰く、これを見れば世界中の病気がなくなり戦争がなくなるらしいです。

 

渡辺のダンスはまだまだ始めたばかりなので上手ではございません。

ただ、これがどれだけの完成度まで上がるか、今後渡辺のダンスの詳細を追っていきたいと思います♪

後日談ですが撮影後、渡辺は8月ぐらいには完璧に出来ると行っておりました。

 

今回の渡辺WORLD VIEWは今月号のNewtonに掲載されていた

《パラレルワールド》についてお話しました。

 

パラレルワールド

それは量子論の解釈の一つである【多世界解釈】

私たちが暮らす世界はただ一つではなく、無数の並行世界【パラレルワールド】が存在しているという考えです。

 

まぁ、簡単にいうと二人がshowroomを配信している世界とは別に、二人がラジオを配信している世界、もしくは二人がテレビに出演している世界があるという考えです。

※無数の嫉妬を想像できる世界ですね。

 

どうやら二人ともこのパラレルワールドという言葉を知ったのは

藤子F不二雄の作品(藤原はドラえもん・渡辺は21エモン)で知ったそうです。

 

二人ともパラレルワールドの存在が信じていて、並行世界の自分たちはどういうことになっているのかという話題になり

渡辺はパラレルワールドの自分はここにいる俺とほんの少しだけ違っててほしいと考えていました。※左利きとか?

一方藤原は「今の自分がそこで何をしてようが、ここの自分には関係ないから、その事に関して思考を巡らすこと自体無駄。」と切り捨ててはいましたが

パラレルワールドの世界が実際にあるのではないか?という現象

【マンデラ・エフェクト】の話を披露してくれました。

 

マンデラとはネルソン・マンデラのことで、この人は南アフリカ大統領にしてアパルトヘイト廃止に大きく貢献した人物ですが、

この人は一度1964年に終身刑で刑務所に投獄。1990年に解放。

その後大統領へ就任し、2013年にお亡くなりになった人物です。

 

その南アフリカの英雄が2013年にお亡くなりになった一報が世間に知らされた時、違和感を覚える人がたくさん出たそうです。

その違和感とは…「彼は1980年に獄中で死亡しているはずでは。」という考えでした。

これが一人二人だったら【勘違い】で成立するのですが、その獄中での死亡を多くの人が記憶していたことから

もしかしたら並行世界でのマンデラは1980年に死亡していて、その記憶をこっちの世界に持ってきているからそういう異変に感じたのでは?

人はパラレルワールド(並行世界)を行ったり来たりしているんじゃないか?というのが【マンデラ・エフェクト】という現象です。

 

この他の例えで有名なのはミッキーマウス。

 

一度、ミッキーマウスを想像して下さい。

黒い大きな耳、顔の中央には尖った鼻、その先は黒、黄色い靴を履き、赤い服にサスペンダーを付けて着ていて、白い手袋を付けている姿を…。

 

この説明に違和感を覚える人がいたら大丈夫ですが、もしなんとも思わなかった方は要注意。

この説明には一つ大きな間違いがあります。

それは…ミッキーマウスの服にはサスペンダーは付いておりません!!!!

 

そうなんです。

多くの人がサスペンダー付きの服を想像しているらしいのです。

ちなみに渡辺さんもその記憶を持ち合わせておりました。

 

もしかしたら、違うパラレルワールドのミッキーマウスの記憶をこちらの世界へ持って来ているかも…

まぁ、他にも色々マンデラ・エフェクトに関して例もあるので是非調べて周りの人と試してみて下さい♪

 

さて次回の配信は、3月14日です。

二人は何の生まれて初めて体験をしてくるのでしょうか?

そして渡辺常日頃は何を気になって紹介をしてくれるのでしょうか??

もしよろしければ是非のぞいて見てください。

 

2月28日の写真.jpg

※写真は渡辺がNewtonを見ている時の様子です。

 

 

よろしくお願いします。

 

[ 募集・お知らせ ]

 

藤原・渡辺に喋らしたいテーマなどがありましたら配信中にコメント

もしくはinfo@p-5world.comまでお便りください♪

 

演劇ユニットP–5 HP :http://p-5world.com/

お問い合わせ・投稿メール :info@p-5world.com

 

演劇ユニットP−5の1HOURはそれぞれのTwitterと連動して配信しております。

もしよろしければ見てください♪

 

Twitterアカウント

P–5    :p_5world

藤原本比呂 :Fujiwara_p-5

渡辺常日頃 :homeko_ji

 

何卒よろしくお願いします。

 

 

演劇ユニットP-5

藤原本比呂

渡辺常日頃

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





Calendar

アーカイブ