Curtainの裏側 Last

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

今回の更新は、文章も多く長いので、2日にわけて読んでいただくことをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

この度はP-5 9th SESSION  『 Draw The Curtain 』 @萬劇場 に、

 

 

 

 

連日の地震報道、急激な気温の変化、

 

 

 

悪天候にもかかわらず劇場へと足を運んでくださったお客様方、本当にありがとうございまじた。

 

 

 

今回の作品は、2010年に公演した時、

 

 

 

お客様にもう一度見たいと言うお声を多くいただいていたため再演する運びとなりました。

 

 

 

そしてどうせ再演するなら、以前からお客様に 『 この役の今後ってどうなったの?』 とか、

 

 

 

『なんでこの人はこのような感じになったの?』 だとか、私の考えてない事をグイグイ聞いてくる、

 

 

 

つまりスピンオフを希望されるお客様が多かった為、2013年12月の作品に絡ますように少し変化をつけて創り直しました。

 

※(覚えてますか?片倉がなんでこんな仕事をしているの?と聞かれた時の台詞 『 それは・・後で教えてあげます。』 と言った事を。)

 

 

 

そしてそして制作の宮城範子が 『 P-5の飴を作ってお客さんに配りたい。』 と

 

 

 

お洒落な事を言い出すものだから、どうせ配るなら劇中に飴を出して、

 

 

 

作品との一体化を図るよう、またお客様へと印象に残るようにまた創り直してこのような作品になりました。

 

※(覚えてますか?片倉が飴の説明をしている時、『後で皆さんにお配りします。』 と言った事を。)

 

 

 

お客様や周りの人間の言う事を、まぁまぁの勢いで受け入れて出来たこの度の公演。

 

 

 

もしかしたら、今後お客様に 『 こういうシチュエーションで 』 とか、『 こういう役を出して 』 なんて

 

 

 

アンケートに書かれたら、やっちゃうんじゃないか?と思わせる公演でもありました。

 

 

 

なのでもし何かこういう風にしてほしいなんて意見がございましたら、気軽にお声をおかけ下さい。

 

 

 

もしかしたら12月の公演 @萬劇場 『 CLOWN 』 に反映されるかもしれません。

 

 

 

 

 

今回、P-5として初の再演・初の劇場・初のダブルキャスト。

 

 

 

色々経験・反省・自画自賛ございますが、皆々様のおかげで無事公演を終えることが出来ました。

 

 

 

なので、改めてこの場を借りて御礼・並びに協力していただいた方々を紹介させて下さい。

 

 

 

 

☆スペシャルサンクス☆

 CoRich!舞台芸術 ㈱ぐるなび レッツエンジョイ東京 こうのちえ 加藤晃子 野中史穂 柴崎愛 長谷部綾子 林笑子 宮城美緒 金野守 INSP 炭火焼き・炉端焼き 煖 大塚店 ZIZZ 原宿TV ウラハラのすべらないつまみ こみみみ→ふにゃ 劇団居酒屋ベースボール 株式会社Legs&Loins アイリンク株式会社 

 

 

☆スタッフ☆ 

舞台美術=オノユウコ 照明=今西理恵 音響=筧良太 絵画=新田香奈子 WEBサイト作成/MSG‐MACINTOSH‐SUPPORT 宣伝美術×制作=宮城範子 制作補佐=梶原槙人 製作=株式会社 P-ARTS 

 

そしてキャストです。

zeninshugou.JPG

 

 

上段 左から 齊藤匠(武オフィス) 平沼いくた(劇団居酒屋ベースボール) 乃芙斗(ダブルフォックス) 渡辺幸司 月永一朗 小林佑多 近藤樹里子 内野和也(東京天然デザート) 

 

下段 左から スギハラコウスケ 植木由香 たけしたはるか さわだこーへー 坂下純美 

 

そして、劇場までお運びいただいたすべてのお客様と 

 

 

撮影者 藤原本比呂 

 

以上のメンバーでお送りしました。 

 

 

 

長くなりましたが本当に、本当にありがとうございました。 

 

 

 

 

 

今回をもってP-5としてこの演目を上演することはしません。

 

この作品の幕を引きます。

 

しかし、違う形で皆様の前に、この『 Draw The Curtain 』 が現れるかもしれません。

 

その時はまた、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

最後に劇場の仮チラシで告知させていただいた通り、

 

 

 

今年の12月12日~15日@萬劇場にて 『 CLOWN 』 を公演いたします。

 

 

 

勘のいい人は、どの役のスピンオフをするかわかると思います。

 

 

 

もしよろしければ、12月の忙しい時期ではございますが劇場まで足をお運びいただければ幸いです。

 

 

 

では、12月にお会いしましょう♪

 

 

 

 

株式会社 P-ARTS 

P-5 藤原本比呂  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・・ 

 

 

 

 

 

上の写真では笑顔で写っている役者たちですが、本心はこんな奴らです。

 

 

 

 

iathu.JPG

 

 

 

 

 

超攻撃的です。

 

 

 

 

そんなに根のいい奴らではございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、長々と最後まで見ていただきありがとうございました。

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





Calendar

アーカイブ