本音

「前門の虎 後門の狼」という言葉の出会いは、クラップラー刃牙シリーズの『バキ』での作品で渋川剛気先生が私に教えてくれた。
いつも作品を書くときに、誰か代わりに書いてくれないかという思いを載せて書いた作品。